カンボジアからの技能実習生

subpage01

現在日本ではカンボジアから来た技能実習生と呼ばれる外国人労働者が、数多く日本企業で働いています。

これは日本が国として推進する外国人技能実習生制度を利用して来日した東南アジアの若者である場合が多いのです。

日本では東南アジアから広く技能実習生と言う形で若者雇用し、日本の産業技術を学んでもらうと同時に日本の文化や風習、言葉にも深い理解を持ってもらうことを目的としている生徒です。カンボジアは東南アジアの国であり、日本とは比較的近い関係にあります。

現在進行形で進んでいる日本の企業の進出を支えてくれる重要なビジネスパートナーとしての成長を期待して行った部分もこの制度にはあります。

カンボジアの技能実習生が最近こちらで話題になっています。

カンボジアからの技能実習生は1年から3年程度日本の企業で働く形になりますが、期間が経過した後は母国に戻ってそれぞれの活動を行うことになります。日本で学んだことを直接的に生かす場合もありますし、そうでない場合もあります。しかしながら日本で生活をした経験がより日本との良い関係性を築くために役立つと言えるでしょう。



日本が国家として外国人技能実習生制度を推進する背景には国際貢献と言う形で日本と東南アジアの国々の関係をより良いものにしていこうと言う考え方があります。そのため実習生は単なる労働者として雇用されるのではなく、あくまでも様々な経験を深めてもらうということを目的としているため、日本に滞在している期間の生活の面倒を見ると言う事を条件としていると言う特徴があります。