カンボジアからの技能実習生の魅力

subpage01

カンボジアなどからの外国人技能実習生は現地の送り出し機関によって選別が行われた後で日本の監理団体や企業に紹介されます。

企業は厳選された優秀な人材の派遣を受けることができます。
特にカンボジアの人々は対日感情も良好で、若者たちは就労意欲が溢れています。しかも送り出し機関によって厳選され能力が保証されているため、企業は戦力として期待できます。日本をカンボジアは1953年に国交を樹立しました。1970年代に同国が内戦時代に突入すると一時国交が途絶えましたが、1990年代に民主政権が誕生し再び国交が再開されています。これまで日本はカンボジアに対して多額の経済援助に加え内戦時代の地雷を撤去する作業など人的支援を行ってきました。

カンボジアの技能実習生情報のご紹介です。

同国の人々の多くが日本に対して良い感情を抱いており、現地に進出する企業も多数存在します。


日本は少子高齢化が進行して人口が減少する時代に入りました。今後の日本企業はアジア諸国にように人口が増加し経済発展を見込める地域に進出することが必要になります。外国人技能実習生の制度を利用すれば国際貢献ができるだけでなく、現地に進出する際の準備をすることができます。
企業が現地に進出し雇用を行うには一定の知識と経験が必要です。



まず外国人技能実習生の制度を活用することでノウハウを培うことができます。現在ではカンボジアから多くの技能実習生が来日しています。



企業は外国人技能実習生の制度によって雇用を安定化させて経営効率を高めるだけでなく、海外進出の準備ができるというメリットがあります。