カンボジアからの技能実習生は日本企業に必要です

subpage01

日本の企業で働き、実践的な技術や知識を身に付けてから国に帰り、技術を活かして貢献するために、カンボジアから多くの技能実習生が来ています。

カンボジアの技能実習生情報をピックアップしたサイトです。

技能実習生の多くは、民間企業や認定機関を経由して日本に来ているため、身元が保証されており、日本企業も安心して雇用することができます。


カンボジアは経済後進国とされていますが、近年の近年の経済成長率は高く、さらなる発展のために高い生産力を持った人材を必要としています。
また、日本企業も、主に単純労働をする労働者が不足しているところが多く、技術や知識を身に付けるため、熱心に働く人材についての需要は、高い状態が続いており、両社のニーズはマッチしています。



技能実習生は、企業で働く前に研修を受けることがほとんどで、最低限の日本語能力と、企業で業務を続けていくための技術を身に付けています。
カンボジアの人たちにとって日本企業は憧れのことが多く、国民性も熱心で勤勉なので、労働力として生産性は高いです。



また、食事や風習などの文化も、日本とは共通のところが多いので、日本の生活にも慣れやすく、雇用する側の企業にとっても、安心して技能実習生を受け入れることができます。


また、カンボジアからの実習生に限らず、技能を習得して、自国で活かすという明確な目的があるので、勤務に対して真面目で、職場の雰囲気も改善します。カンボジアからの技能実習生は生産性が高く、人材不足に困っている日本企業への、大きな助けとなる存在です。